オオセミタケ(大蝉茸)

オオセミタケはバッカクキン科、トウチュウカソウ属です。

オオセミタケ150

①生育地:広葉樹林の地上
②生活型:寄生菌(アブラゼミ、エゾゼミなどの幼虫)
③分布:日本、コンゴ
④発生時期:春~夏
⑤傘の表:傘はなし。形はこん棒状で頭部は卵形、褐色。径約1cm
⑥傘の裏:傘はなし
⑦つば:なし
⑧柄の高さ:全体の高さは10~12cm(地上部は4cm)
⑨柄の色:類白色
⑩つぼ:なし
⑪食・毒:薬用

カテゴリー: 子のう菌類 | Tags: , , コメント(0)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


きのこ図鑑の上へ







ランキング

にほんブログ村 花ブログ きのこへ
にほんブログ村
ブログランキング
ブログランキングならblogram
  • SEOブログパーツ